--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年03月23日 (土) | Edit |
平成25年3月23日(土)晴れ

本日最後となりますが、平成23年度(2011年度)の記録、その2を綴ります。

【平成23年度(2011年度)の記録②】10月~3月

○10月
     1日(土) 五箇山合掌造り集落へ(菅沼集落、相倉集落)、井波「瑞泉寺」、
            昼「道の駅井波」、砺波IC・黒部IC経由、「宇奈月国際ホテル」泊
     2日(日) トロッコ列車乗車(黒薙駅まで)、道の駅宇奈月、能生IC・柏崎IC経由、
            柏崎の友人ご家族と「とみ家」へ(ジャンボエビフライ)、新潟へ

  9日(日) 新潟シティマラソン10㎞の部参加、昼「LIFE」、古町どんどん散策
 15日(土) 職場の後輩達の入社10周年記念会出席(@東京・上野公園内)
 16日(日) 食育・花育センター、JA花夢里にいつ、へ
 23日(日) 昼「ラーメン東横」、へ
 29日(土) 昼「サフラン女池店」、北方文化博物館、へ
 30日(日) 昼「バターフィールド古町店」、へ

○11月
  6日(日) 幼稚園バザー出席、昼「とんかつ政ちゃん沼垂店」、へ
 11日(金)~12日(土) 月岡温泉へ
    12日(土) 朝・月岡散策、ヤスダヨーグルト、新津・中野邸(もみじ園)、へ

 19日(土) 幼稚園入園申込み、昼・喫茶「山小屋」(カリーナ)、弥彦神社、へ
 25日(金)~27日(日) 埼玉県の私の実家へ
    26日(土) といざらす、グリーンパーク、へ
    27日(日) 休日急患センター、妻の両親も合流し昼食を共に(@「虎ひげ」)
            夕方、妻と娘は東京の実家へ里帰り、私は新潟へ帰宅


○12月
  3日(土) 西蒲区「野鴨を食す会」、へ
 10日(土) 新田清掃センター、昼「ラーメンことぶき」、へ
 11日(日) 食育・花育センターの男性向け料理教室、へ
        (お好み焼き、ポテトグラタン、レクチエデザート)
 24日(日) 古町酒サロン、へ
 30日(金)~3日(火) 実家へ帰省
    30日(金) 妻の実家そばの公園などを散歩
    31日(土) イオンモールキャラ川口、へ


○1月
     1日(日) 近所の神社へ、川崎の親戚に年始挨拶、埼玉の私の実家へ
     2日(月) 近所の稲荷神社、ケーズ電機、親戚宅、へ
     3日(火) 新潟へ帰宅

  5日(木) AM2:45 長男誕生!
  6日(金)~9日(月・祝) 上京
     6日(金) 病院へ、長男と初対面
     7日(土) 児童館・公園・近所の神社へ、病院へ
     8日(日) 都電に乗って飛鳥山公園へ、病院へ、名前を決定
     9日(月・祝) 都電に乗って椿山荘へ、病院へ、新潟へ帰宅

 14日(土) みずつち学校、丸の内朝大学交流会(@三業会館)、へ
 21日(土) 上京
    21日(土) 児童館へ、夜・大学サークル同期会出席
    22日(日) 私の両親も東京で合流し誕生日会、新潟へ帰宅


○2月
  4日(土)~5日(日) 上京
     4日(土) 夜・カッパ寿司へ
     5日(日) 娘と代々木公園へ、新潟へ帰宅

 25日(土)~26日(日) 上京
    25日(土) 娘の誕生日会、私の両親も東京で合流
    26日(日) 家族4人揃って新潟へ帰宅


○3月
 17日(土) 娘と2人で酒の陣へ
 31日(土) 私の職場上司のご自宅へ(家族で夕食お呼ばれ)

※平成24年度(2012年度)の様子は、本ブログに順次記録済み
スポンサーサイト
2013年03月23日 (土) | Edit |
平成25年3月23日(土)晴れ

引き続き、平成23年度(2011年度)の記録、その1を綴ります。

【平成23年度(2011年度)の記録①】4月~9月

○4月
 10日(日) 北方文化博物館、ケーキ屋「スイーニュ」、JA花夢里にいつ、へ、
 17日(日) 南区バスツアーに参加
        (月潟フルーツ童夢やまだ農園、白根大凧の館、白根グレープガーデン、へ)
 27日(水) プロレス「NOAH」、へ
 29日(金・祝) にいがた花絵プロジェクトに参加
        (横越でチューリップ摘み、新潟駅南口広場で花絵制作)
 30日(土) 新津方面へ(ラーメン「八幡屋」、ケーキ屋「ヴィッテ」)

○5月 
  3日(火・祝) 胎内市チューリップまつりへ、夕食「五頭の山茂登」
  4日(水・祝) 私の両親が来訪、やすらぎ堤散歩、旧齋藤家別邸、
           「みかづき」、金巻屋、へ
  5日(木・祝) 加茂川こいのぼりまつりへ、加茂山公園リス園、「ことしろや」、へ
  7日(土) ラ・フォル・ジュルネ新潟2011、へ、
         夜・友人ご家族とお好み焼きパーティ
  8日(日) 岩室ゆのさと公園、「プレジール」、へ
 14日(土)~15日(日) 軽井沢旅行へ
    14日(土) 職場同僚結婚式に出席
    15日(日) 浅間牧場、ハルニエテラス、長野の妻の友人宅、へ、釜飯を購入、新潟へ帰宅

 16日(月)妻、病院へ(第二子妊娠判明)
 22日(日) ラーメン「我聞」、新潟県立万代島美術館「いもとようこ展」、へ
 24日(火) 妻の母が応援に到着(~27日(金))
 28日(土) やすらぎ堤散歩、笹団子購入
 30日(月) 妻の母が応援に再到着(~3日(金))

○6月
  3日(金) 私の母が応援に到着(~5日(日))
  5日(日) 職場の後輩が新潟市に来訪、白根大凧合戦見物、へ
  6日(月) 妻の母が応援に再々到着(~10日(金))
 10日(金) 私の母が応援に再到着(~14日(火))
 12日(日) みなとぴあ、へ
 14日(火) 妻の母が応援に再々々到着(~17日(金))
 19日(日) 私の母が応援に再々到着(~24日(金))
 20日(月) 夕方、やすらぎ堤を散歩
 26日(日) 月潟まつり、へ

○7月
 17日(日) JRA新潟競馬場へ
 24日(日)~26日(火) 上越・妙高方面へ旅行
    24日(日) 高田公園、野尻湖、道の駅しなの、へ、「妙高の森ホテル」泊
    25日(月) 笹ヶ峰牧場、苗名滝、昼食・流しソーメン、
            斑尾高原タングラム(ラベンダー畑)、いもり池、へ、赤倉温泉「ふるや」泊
    26日(火) 妙高スカイケーブル、直売所「とまと」、出雲崎道の駅、へ、新潟へ帰宅

 30日(土) 本町通「千灯祭り」、へ

○8月 
  5日(金) 新潟まつり「民謡流し」見物、へ
  7日(日) 夜・友人ご家族と食事会、花火鑑賞
 12日(金)~15日(月) 埼玉県の私の実家へ帰省
    12日(金) 妻の両親も合流、一緒に外食
    13日(土) 墓参へ、私の弟夫妻も合流、夜・花火
    14日(日) 佐野のアウトレットへ
    15日(月) 新潟へ帰宅

 20日(土) 三条カレーラーメン「末広食堂」、ケーキ屋「ビアンポポロ」、へ
 28日(日) 昼・友人家族と食事(@「かつ一」近江店)

○9月 
  2日(金)~3日(土) 職場旅行で月岡温泉「華鳳」へ
 10日(土) 妻の先輩が新潟市に来訪
 18日(日) 道の駅関川村(コスモス鑑賞)、胎内パークホテル喫茶店、へ
 19日(月・祝) 上堰潟公園(コスモス鑑賞、わらアート)、「カーブドッチ」へ
 24日(土) 古町「田から屋」、野菜直売所 曽野木「採採」、へ
 30日(金)~2日(日) 富山旅行へ
    30日(金) 昼「鮨人」、東岩瀬(酒屋、お菓子屋)、環水公園、富山県庁、夜「米海」、へ、
           ダイワロイネット富山泊

2013年03月23日 (土) | Edit |
平成25年3月23日(土)晴れ

引き続き、平成22年度(2010年度)の記録、その2を綴ります。

【平成22年度(2010年度)の記録②】10月~3月

○10月 
  1日(土) 南区フルーツスイーツ審査会、へ
  2日(日) とよさか元気村、へ
  8日(金)~9日(金) 五頭温泉へ
     8日(金) 瓢湖、くるりショコラ亭、スワンレイクビール、へ、「長生館」泊
     9日(土) 川上とうふ、うららの森、ヤスダヨーグルト、へ、小須戸経由で帰宅

 10日(日) 新潟シティマラソン応援、南区農業まつり、月潟電鉄跡、へ
 11日(月・祝) 北区「ノラクチーナ」、キテ・ミテ・キタク(気球乗車)、へ
 17日(日) 江南区いきいきフェスタ、西蒲区アートまつり、サッカーJ1観戦、へ
 23日(土) 市美術館、安吾風の館、砂丘館、日本海タワー、へ
 24日(日) みなとまちあるきに参加、みなとぴあ、石山味噌、
         ラーメン「いっとうや」、へ
 30日(土) 諸場の後輩の結婚式へ(@東京)

○11月
  3日(水・祝) なかなかふるまち、へ
  4日(木) 妻が参加している子育て支援サークルの「おいもほり」、へ
  6日(土)~7日(日) 津南町・十日町旅行へ
     6日(土) 十日町アクロス10、津南マウントパーク、へ、「もりあおがえる」泊
     7日(日) 清津峡、松之山・松代方面、道の駅農舞台、へ、柏崎経由で帰宅

 14日(日) 新潟市長選挙投開票日
 20日(土) 鍋パーティ(友人を招待)
 28日(日) 留学時代の同級生の結婚式へ(@東京)

○12月
 30日(木)~ 埼玉県の私の実家へ帰省

○1月 
     1日(日) 近所の稲荷神社へ、川崎の親戚宅へ、東京の妻の実家へ
     2日(月) 近所の神社へ
     3日(火) 新潟へ帰宅

  8日(土) ケーキ屋「グレヌ」、へ
  9日(日) 子供向け「動物コンサート」、へ
 16日(日) 「LA SALITA」(妻の誕生日祝い)、へ
 22日(土) 白山神社(初詣)、「カーブドッチ鳥屋野」(私の誕生日祝い)、へ

○2月
  5日(土) なかなかふるまち(ヨガ講座)、へ
 11日(金・祝) 池田観光果樹園(イチゴ狩り)、かつ一(白根店)、へ
 12日(土) 石山味噌レストラン、りゅーとぴあ越後ブラスバンド演奏鑑賞、へ
 13日(日) 「さわ山」、古町当日座、新潟空港、へ
 19日(土) 子育て支援センター「白山ちゅーりっぷ」、へ
 20日(日) 娘の誕生日パーティ(両家両親来訪、さわ山お菓子、風花ケーキなど)
 26日(土) ラーメン「いっとうや」へ
 27日(日) 憲政記念館「マンガアニメフェスティバル」、燕喜館、へ

○3月
  5日(土) 月岡わくわくファーム、カリオンパーク、ビュー福島潟、へ
  6日(日) エコープラザ、へ
 19日(土) 友人の里帰りに合わせてご実家、へ
 20日(日) 鳥屋野野球場(震災物資寄付)、ヒロクランツ、へ
 26日(土) 西海岸公園、山の下みなとタワー、へ
2013年03月23日 (土) | Edit |
平成25年3月23日(土)晴れ

とうとう、平成24年度もあと1週間となってしまいました。
仕事では、昨日一つの区切りが無事に付き、ほっとしているところです。

ここで唐突ですが、我が家の新潟市での3年間の生活を振り返るべく、22年度、23年度の記録を順次綴らせて頂きます。
一つ一つの出来事がついこの間のことのようで、感じたことや家族の様子など、色々な記憶がフラッシュバックして感慨いっぱいです。
ほぼ自分のためだけという記事で恐縮ですが、おつきあい頂ければ幸いです。

【平成22年度(2010年度)の記録①】4月~9月

○4月
(31日(水) 東京の職場で異動辞令受領、夜・新潟市へ到着)
  1日(木) 新潟市の職場で初出社、夜は歓迎会を開いて頂く(@古町「有明」)
 10日(土) 新潟県立植物園新津フラワーランドJA花夢里にいつ、へ
 17日(土) 新潟ふるさと村、へ
 18日(日) 信濃川やすらぎ堤白山公園
 24日(土) ビュー福島潟、へ
 25日(日) 新潟市中央卸売市場亀田公園、ラーメン膳、おかしの古泉、へ

○5月
  1日(土) ラ・フォル・ジュルネ新潟2010、なかなかふるまち、へ
  2日(日) 上堰潟公園、日本海夕日ライン、へ
  3日(月・祝) やすらぎ堤、NSTまつり、へ
  8日(土) 新潟市美術館、ふるまちどんどん、菜菓亭、へ
  9日(日) ラーメンことぶき、へ
 15日(土) JRA新潟競馬場、へ
 16日(日) 長岡市・東山ファミリーランド
         新潟県立近代美術館「奈良の古寺と仏像展」、
         ラーメンしみず、ルポワロンビス、へ
 22日(土) 奥只見レクリエーション都市公園(堀之内)、
         ラ・パティスリープレジール、へ
 23日(日) プロレス「NOAH」、へ
 29日(土) 高校時代の友人の結婚式へ(@東京)
 30日(日) 弟と一緒に仙台へ(日帰り)、虎ノ門「中国料理・頤和園」へ

○6月
  5日(土) 白根大凧合戦、へ
 12日(土) マリンピア日本海ジェラテリアポポロ、「生蕎麦 海老家」、へ
 20日(日) 瓢湖カンパーニュ(現・くるり しょこら亭)ヤスダヨーグルト、へ
 25日(金) 岩室温泉「冬妻ほたるまつり」、へ
 27日(日) ラーメン泉貴、フランス菓子「ルーテシア」、へ

○7月
  1日(木) 蒲原祭り、へ
  4日(日) 護摩堂山あじさいまつり、へ
 17日(土) 職場の後輩の結婚式へ(@東京)
 18日(日) 福山市の私の祖父の3回忌へ
 24日(土)~25日(日) 弟夫婦を訪ねて仙台旅行へ
    24日(土) 動物園、牛タン屋、へ、ホテルメトロポリタン泊
    25日(日) 会津若松から「SLばんえつ物語号」に乗って新潟へ

 28日(水) マイカー購入
 31日(土) 弥彦山、弥彦神社、シーサイドライン、
         ラーメン「こまどり」、「鯛車焼 一成」、へ

○8月
  1日(日) 津川「狐の嫁入り屋敷」、麒麟山、津川温泉「清川高原保養センター」、へ
  7日(土) 新潟まつり みこしかつぎ、へ
  8日(日) 花火見物
 14日(土)~16日(月) 埼玉県深谷市の私の実家へ
    16日(月) 行田へ(「ゼリーフライ」をテイクアウト)、新潟へ帰宅

 19日(木)~21日(土) 佐渡旅行へ
    19日(木) 昼食・海鮮丼、二ツ亀海水浴場、七浦海岸夫婦岩、へ、「旅館浦島」泊
    20日(金) 佐渡金山、小川のひまわり畑、尖閣湾、昼食・ぶりかつ丼、たらい舟体験、へ
            職場の後輩ご夫婦と合流、音楽祭「アースセレブレーション」鑑賞、「旅館入海」泊
    21日(土) トキの森公園、真野鶴の「尾畑酒造」、へ、新潟へ帰宅

 27日(金) 大分県の友人が新潟市へ来訪
 28日(土)~29日(日) 新潟市「事業仕分け」見学、へ

○9月 
  3日(金)~4日(土) 職場旅行で瀬波温泉「大観荘」へ
  4日(土) 「菓子工房 風花」、へ
  5日(日) わらアートまつり、夏井のはざ木、ラーメン「こたん」、へ
 11日(土)~12日(日) 東京の妻の実家へ
    12日(日) 法事に参列、新潟へ帰宅

 18日(土) 小嶋屋総本舗、へ
 19日(日) 万代シティへ(新潟総踊り見物)
 20日(月・祝) 村上市へ
        (笹川流れ、道の駅朝日、サーモンセンター、味匠喜っ川、お箸屋さん、など)
 23日(木・祝) 留学時代の同窓会出席のため東京へ
2013年03月15日 (金) | Edit |
平成25年3月15日(金)晴れ

ようやく今月分までたどり着きました。
さっそく、3月の記録、その1を綴ります。

【25年3月の記録①】

○3月3日(日)

3月3日は、言わずと知れたひなまつりの日。
今年は日曜日でしたが、娘の幼稚園では、「ひなまつりおゆうぎかい」を開催してくれました。
園児生活発表会という位置づけでもあったようです。
娘は、随分前から一生懸命練習していて、この日をとても楽しみにしていました。
日曜日でしたので、私も、勇躍駆けつけることが出来ました。

 ひな祭りお遊戯会①

おゆうぎかいのプログラムは盛りだくさんです。

 ◇ごあいさつ 園長先生
 ◇はじめのことば 年長組園児代表
 1.楽器あそび 「ミニミニコンサート」 年少組男
 2.うれしいひなまつり 年長組女
 3.おゆうぎ 「おたんじょうびおめでとう!!~みんな な・か・よ・し~」 年少組女
 4.大型紙芝居 「ライオン・キング」 年長組
 5.オペレッタ 「がんばれ!やさいマン☆」 年中組
 6.うたと合奏 年長組
 ◇全園児うた「ひなまつり」
 ◇年長組お母さま劇「眠れる森の美女」
 ◇ごあいさつ 園長先生


娘は、3番のおゆうぎに出演しました。
役柄は「プルンちゃん」という妖精です。
踊りが大好きというキャラクターで、娘にぴったりです。
青色が基調で、頭にはリボン、背中にはハネがついている、とても可愛いお衣装を着させてもらっていました。

以下、おゆうぎのあらすじと、写真をご紹介させて頂きます。

【あらすじ】

 「ハッピーちゃん」と「ラッキーちゃん」は、とっても仲良しのおともだちです。
 今日は、ラッキーちゃんのお誕生日!!
 ハッピーちゃんは、プレゼントを持って、ラッキーちゃんのお家へ向かいます。
 ところが、途中で道に迷ってしまい・・・
 着いたところは、「しずくの森」でした。
 しずくの森では、踊りが大好きな「プルンちゃん」が楽しそうにダンスしています。
 一緒に踊ってすっかり仲良し!
 でも、ラッキーちゃんのお家が分からなくて困っていると・・・
 「キラリちゃん」が出てきて、魔法で助けてくれました。
 ハッピーちゃんは、ラッキーちゃんにプレゼントを届けることが出来ました!
 ~さあ、みんなで一緒に楽しいパーティをはじめましょう!~

【おゆうぎの様子】


 ひな祭りお遊戯会②

 ひな祭りお遊戯会③

 ひな祭りお遊戯会④

 ひな祭りお遊戯会⑤

 ひな祭りお遊戯会⑥

みんなとても上手に踊り、歌えていて、大変感心しました。
もちろん、娘もしっかり頑張ってくれました。よくやりました!

そのほかの演目も含めて、子供達は実に立派で、驚かされてばかりの1日でした。
その裏にある先生方のご苦労は、いかばかりのものでしょうか…。
感謝のひとことしかありません。

園児室の方では、こどもたちの作品展示もされていて、楽しむことが出来ました。
こちらは娘の作品。お内裏様とおひな様がいい笑顔で描かれていました。

 ひな祭りお遊戯会⑧

黒板には、かわいいイラストも。

 ひな祭りお遊戯会⑦

ついでに、家で飾っているおひな様と娘の様子も。

 おひな様と私

おかげさまで、思い出に残る素敵なひな祭りの1日となりました。

ps
年長組さんが歌ってくれた
「だれにだって おたんじょうび!」という歌と、
「ありがとう こころをこめて」+「おもいで たからもの」という歌も
実に素晴らしいので、ここにご紹介させて頂きます。

「だれにだって おたんじょうび!」の「○月生まれ (はーい!)」っていう掛け合いのところは凄く可愛いですし(娘も大好き)、卒園ソングの「ありがとう こころをこめて」は、メロディーラインと相まって何度聞いても自然と涙がにじんでしまう名曲です。

『だれにだって おたんじょうび!』

 だれにだってすてきな日 (イェイ!)
 1年1回すてきな日 (イェイ!)
 それは それは それはね おたんじょうび

 ローソク吹き消し ハッピーバースデー イェー
 キラキラ輝く すてきな日
 今日は ○○ちゃんの おたんじょうび

 だれにだっておめでとう (おめでとう!)
 1年1回おめでとう (おめでとう!)
 それは それは それはね おたんじょうび

 笑顔がいっぱい ハッピーバースデー イェー
 ワクワク待ってた うれしい日
 今日は ○○ちゃんの おたんじょうび

 さあ みんなは何月に生まれたのかな?
 大きな声でお返事してくださいね!

 さあ
  1月生まれ (はーい!)
  2月生まれ (はーい!)
  3月生まれ (はーい!)
  4月生まれ (はーい!)
  5月生まれ (はーい!)
  6月生まれ (はーい!)
  7月生まれ (はーい!)
  8月生まれ (はーい!)
  9月生まれ (はーい!)
  10月生まれ (はーい!)
  11月生まれ (はーい!)
  12月生まれ (はーい!)

 みんな持ってる みんな持ってる
 みんな持ってる みんな持ってる 大切な日

 だれにだってやってくる (イェイ!)
 1年1回やってくる (イェイ!)
 それは それは それはね おたんじょうび

 ケーキを食べましょ ハッピーバースデー イェー
 みんなでいっしょにお祝いしましょう
 今日は○○ちゃんの おたんじょうび
 
 だれにだって おたんじょうび


『ありがとう こころをこめて』+『おもいで たからもの』

 いつの間にか 僕たちは 一人で歩いていたよ
 6年前に この世に生まれた 小さなこの命

 晴れた日にも 雪の日にも 元気なときも 病気のときも
 変わらない優しい眼差しが 僕たちを包んでくれた

 (※毎月ごとの思い出を朗読)

 気がつけば 春の風が あんなに歌っているよ
 ありがとう 心をこめて ありがとう そしてさよなら

 どこまでも 遥かな道を 歩いていける勇気と
 悲しみを分かちあえる 温かいこの心

 ケンカをして 仲直りして 泣いて笑って 励ましあって
 みんなと一緒に わたしたちは 大きく大きくなれたよ

 (※これまでの感謝とこれからの決意を朗読)

 気がつけば 春の風が あんなに歌っているよ
 ありがとう 心をこめて ありがとう そしてさよなら

 晴れた日にも 雪の日にも 元気なときも 病気のときも
 変わらない優しい眼差しが 僕たちを包んでくれた

 気がつけば 春の風が あんなに歌っているよ
 ありがとう 心をこめて ありがとう そしてさよなら
2013年03月15日 (金) | Edit |
平成25年3月15日(金)晴れ

3月も早や半ばまで来てしまいました。
「すっかり暖かくなってきたね」なんて言っていたのが、ここ数日はまた、寒い日が続いている新潟市内です。
風邪など引かぬよう、家族揃って気をつけていきたいと思います。

それでは引き続き、2月の記録、その4を綴ります。

【25年2月の記録④】

○2月20日(水)

娘の4歳の誕生日の日を迎えました。
随分前から、とっても楽しみにしていたこの日。
娘が通う幼稚園では毎月、お誕生日会が開かれます。
2月は奇しくも、第3水曜日のこの日がピタリ当たってくれていました。
何とラッキーなことでしょう。
家族も見に行くことができるので、本来であれば私も是非駆けつけるところなのですが・・・。

痛恨な事に、この日はどうしても仕事の都合で休暇を取ることが出来ず、泣く泣く断念しました。
代わりに、私の実家から私の父(おじいちゃん)を、妻の実家から妻の母(おばあちゃん)を招き、妻・息子とともに、見守ってきてもらいました。
娘も、とても喜んでくれました。
私は、あとで、撮ってきてもらったビデオや写真を何度も見返し、娘の成長を喜びました。

以下、親バカぶりを大発揮し、お誕生日会のハイライトシーンを再現させて頂きます。
少し緊張気味な様子の娘でしたが、皆さんの前で、とても立派に振る舞い、お返事してくれていました。
そんな様子を文字に起こして、ひとり、感動を何度も味わっている私なのでした。笑

【お誕生の園児達が、ひとりひとり順次、園長先生からお祝い頂くシーンです。】

 副園長先生 「ゆり組さんですよ、○○○○ ○○○さん」
  (娘、手を上げて、席を立って)
 娘 「はい」
  (娘、席を立って壇上へ)
 副園長先生
  「○○○ちゃん、今日は誕生日なんだよ。おめでとうね。」
  (会場の皆様、拍手)
  (娘、壇上にいらっしゃる園長先生さんのもとへ)
  (娘、園長先生からマイクをいただいて)
  (娘、おじぎ)
  (娘、おじぎ後、ちょっとよろけたものの、何とか体勢を整えて)
 娘 「私はゆり組の○○○○ ○○○です。」
  (娘、おじぎ)
  (会場の皆様、拍手)
  (娘、マイクをお返しして)
 園長先生 「○○○さん、お誕生日おめでとう。」
  (娘、園長先生からカードをいただく)
 娘 「ありがとう。」
 副園長先生 「○○○さんは、とってもきれいなお声で、ご挨拶が上手にできましたね。」
  (娘、席に戻る)

  (2月産まれの子が全員揃ったところで)
 副園長先生
 「はい、それではお誕生の方は、園長先生からカードをいただいて、どうもありがとうってご挨拶ができました。」
 「お誕生の方は立ちましょう。」
 「そして、そのカードをお椅子の上にあげて。」
 「これからお誕生の歌をうたいます。」
 「一番はお誕生の方、二番は一緒にうたってくださいね。」
 「それでは、ご挨拶をいたします」

 『きょうはわたしのたんじょうび』

 <1番> お誕生の子たちから
  今日は わたしの誕生日
  赤ちゃんになって 生まれた日
  お父様もお母様も 祝ってくださる
  うれしいうれしい

 <2番> 会場のみんなも一緒に
  今日は みなさんの誕生日
  赤ちゃんになって 生まれた日
  先生方やお友達が お祝いしましょう
  うれしいうれしい


このお歌、とても素敵な歌で、私は大好きです。
「赤ちゃんになって 生まれた日」っていう表現が印象的です。
娘も、みんなと一緒にしっかり歌ってくれていました。

教室では、先生が黒板にかわいい似顔絵とお祝いのメッセージを書いて下さっていました。
ご満悦な様子の娘。

 幼稚園にて

先生方のご配慮・お心遣いが身に染みます。
あたたかい雰囲気に溢れる幼稚園に通わすことが出来て、本当に良かったです。

お誕生日会後のお昼は、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に加島屋さんに行き、イクラ丼をぺろりと食べたんだそうです。
帰宅後はさらに、準備していたケーキを囲んで、楽しくお祝いしてもらいました。
(※この日は、やはり我が家のお気に入りの「ポワルのほほえみ」で買い求めたもの!)

 ケーキと娘

本当におめでとう。
我が家は、貴女の明るさのおかげで、いつもとっても楽しい毎日です。
最近の私は、これまでにも増して、娘にべったりな気がします。
男2人兄弟で育ったこともあってか、女の子の子育てが楽しくて仕方ないのです。

歌や踊りが大好きです。
新しいドキドキプリキュアのテーマソングなんかも、見よう見まねなのにあっという間に振り付けを身につけ、凄く上手に歌い、踊っています。
しゃべる一言ひとことも、最近は、すっかりおしゃまです。
弟と、おもちゃや絵本を取り合いながら、だけど優しく面倒見てくれています。
私は、そんな娘の髪の毛を三つ編みにするのが、ここ最近の朝の日課です。
たかが三つ編み、されど三つ編み。
毎朝違ってしまう仕上がり具合に、奥深さを痛感しています。笑

これからも、色々な顔を見せていってくれるのが楽しみでなりません。
どうか、スクスク元気に育っていってね。

ps
もちろん、息子も元気にお祝いしてくれました。
どこまで意味が分かっているかは不明ですが…

【お誕生日会の会場を徘徊するボク】

 幼稚園でのボク

【イチゴを嬉しそうに頬張るボク】

 苺を食べるボク
2013年03月08日 (金) | Edit |
平成25年3月8日(金)曇り時々雨

脱線気味だった2月の記録その2を引き継ぎ、その3を綴ります。

【25年2月の記録③】

○2月16日(土)17日(日)

思わず、寄り道した玉川堂さんの紹介で長くなってしまいましたが、いよいよ、お目当ての宿に到着です。
今回は、岩室温泉の「高志の宿 高島屋」さんに泊まってきました。

「江戸の庄屋屋敷を今に伝える高志(越)の国の宿」が売りのこちらのお宿。
岩室温泉の中でも、1・2を争う贅沢な素晴らしい宿です。
くどくど申しませんが、ゆっくりと存分にお湯とお食事を味わってくることが出来ました。
今回の旅行では、我が家は清水の舞台を降りっぱなしです。大丈夫かな…。

宿に到着。1F大広間で早速のおもてなし。
 高島屋①

お風呂に入った後のお楽しみ、夜のご馳走。
 高島屋②

 高島屋③

 高島屋④

朝ごはんも美味しかったです。
 高島屋⑤

娘は帰り際にソフトクリームもぺろり。親にはほんの1口しか分けてくれません。
 高島屋⑥

最後は、大古時計の前でみんなでぱちり。
 高島屋⑦

帰りがてらには、途中のラムサール条約湿地「佐潟」にも立ち寄ってきました。

 佐潟

有名なオオヒシクイは、昼間はエサを食べに近所の田んぼなどに出かけてしまうとのことで、残念ながら会えませんでしたが、久しぶりの青空のもと、爽やかな気持ちを味わってくることができました。
新潟市での素晴らしい思い出をまた1つ作ることが出来ました。

ps
旅の途中で、これまた有名なケーキ屋さん「プレジール」にも立ち寄っちゃいました。
我が家イチオシの「菓子工房 風花」に負けず劣らず美味しくて、いつ行っても混み合っている名店です。
完全に、「新潟市での思い出作り」モードに入っています…
2013年03月08日 (金) | Edit |
平成25年3月8日(金)曇り時々雨

さらに、2月の記録、その2を綴ります。

【25年2月の記録②】

○2月16日(土)17日(日)

今年初めての1泊旅行に行ってきちゃいました。
行き先は、市内西蒲区の「岩室温泉」です。
実は、今年が開湯300周年の節目の年にあたる岩室温泉。
色々な企画を準備して絶賛売り出し中ということで、私もぜひ応援したく、今回の行き先に選んだのでした。
【参考】 ・岩室温泉観光協会HP、岩室観光施設「いわむろや」HP

それに先立ち、ついでと言っちゃなんですが…、

岩室の少し先、燕市にある「鎚起銅器」(ついきどうき)で有名な「玉川堂」さんに立ち寄りしてきました。
wikipediaによれば、以下の通り解説されています。

 玉川堂(ぎょくせんどう)は、日本の金属加工業者の1つである。
 日本国内の地場産業として有名な新潟県燕市の金属加工業の中でも唯一、1枚の銅板を鎚で叩き起こして銅器を製作する「鎚起銅器」の伝統技術を二百年弱に渡って継承している。
 銅に多彩な着色を施す技術は、世界でも玉川堂のみが保有している。
 世界最高品質の銅器を製造し、世界中に顧客を持つ。


素晴らしいですよね。
実際の作業の様子も見学できるとのことで、以前から、こだわりのものづくりの様子をぜひ、この目・この耳で体感したかったのです。
ようやく実現することが出来ました。

入り口の様子。
 玉川堂①

工場の様子。
 玉川堂②

職人さんが、1つ1つ丁寧に仕上げていきます。
 玉川堂③

一枚の銅板から、こんな風な工程を経て、急須に仕立て上げられるそうです。すごい。
 玉川堂④

娘も、さっそく触れさせて頂きました。
 玉川堂⑤

本当に1つ1つ手作りなのです。
雰囲気といい、銅をたたく音といい、素晴らしい様子を体感することが出来ました。
行って良かったです。妻も子供達も感銘を受けていました。

そんな銅器は、もちろん決して安くありません。むしろ、ものすごく高価です。
普通、なかなか手が出しにくいのですが、こちらでは、ここでしか買えないものがあったり、定価の1割引きだったりという特典もあります。
対応して下さったお店の方のおもてなし、さっき見学した工場の雰囲気などなど、このまま手ぶらで帰るわけにはいかない気になってしまって…。

 玉川堂⑥

結局、妻の許しを得て、最後は思い切って、片口とぐい飲みを1つずつ買い求めて来ちゃいました。
改めて上の写真を見るに、娘が呆れた顔をしている気もしますが、お許し下さい。
これで飲む日本酒は、実に美味しかったです。買って良かった!


2013年03月08日 (金) | Edit |
平成25年3月8日(金)曇り時々雨

続いて、2月の記録、その1を綴ります。

【25年2月の記録①】

○2月3日(日)

妻が子育てサークルで知り合った方の縁で、「デジカメ写真教室」に行ってきました。
この日の会場は、黒崎市民会館です。

「教室」とは言っても、肩肘張ったものではありません。
皆さん親子連れで参加して、子供を被写体にしながらの勉強です。
講師のハマグチ先生が優しくて、ほんわか和やかな講習会となりました。

先生によれば、撮影のポイントは、
 ・光に気をつける
 ・構図を意識する(3分割法で、被写体を必ずしも真ん中に持ってこない)
 ・デジカメ設定で「ISO感度」を上げる、「露出補正」を上げる
 ・同じく「コントラスト」を下げる、「彩度」を上げる
 ・外で撮るときは太陽の位置を意識する
 ・子供にカメラを意識させない
 ・いっぱい撮る
などとのことでした。

早速、教わったことを生かしながら子供達を撮ってみました。
身についているでしょうか…。

 2月3日写真会①

 2月3日写真会②

 2月3日写真会③

 2月3日写真会④

 2月3日写真会⑤

 2月3日写真会⑥

教わったことを生かし、これからもどんどん撮って親バカを突っ走ろうと思います。笑

【追記】
後日、先生が撮って下さった写真を電子データでも頂きました。
ここに一枚アップします。
さすが、とても素敵な一コマに仕上がっています!

 写真教室(プロ)



また、この日は節分でしたので、夕方、豆まきをしました。
子供達と豆をまくのは初めてで、楽しかったです。
息子もエイッと頑張ってました。
そうそう、娘が幼稚園で作ってきた鬼のお面がなかなかリアルで、感心しました。

 2月3日豆まき①

 2月3日豆まき②

夕飯には、妻と娘が恵方巻きを巻いてくれました。
家族みんなでガブリとやって美味しくいただきました

 2月3日恵方巻


○2月14日(木)

今年のバレンタインデー。
妻と娘が2人で力を合わせて、かわいいハート型のクッキーを作ってくれました。
美味しかったです。ありがとう

 バレンタインデー①

幸いにも、私からもプレゼントを準備できていました。
息子も含めて家族3人分の「チューリップ」です。
実は、新潟市は、チューリップの切花出荷量が日本一。
そんな中、昨年から、バレンタインデーを「男性から女性へ花を贈る2月14日」にしていこうとする「フラワーバレンタイン」の取組みが始まっているのです。
私も便乗してみた次第でした。

チューリップの花言葉は「愛」。
みんなに気持ちは伝わったかな。

 バレンタインデー②
2013年03月08日 (金) | Edit |
平成25年3月8日(金)曇り時々雨

年度末、3月に入りました。
ここ1週間、すっかり暖かくなってきた新潟市内。
昨日の最高気温は、17度にまであがったようです。
もう、春はすぐそこですね。
チューリップや桜の開花がとても待ち遠しいです。

途切れ途切れの記録でお恥ずかしいですが、1月の記録、その4を綴ります。

【25年1月の記録④】

○1月27日(日)

市内江南区にある亀田総合体育館に行ってきました。
この日開催された「親子ふれあいまつり ~カプラで遊ぼう~」というイベントがお目当てです。
私の知人が、子供2人の我が家事情を配慮して、このイベントの存在を教えて下さったのでした。

「カプラ」とは、ひとことで言えば「板の積み木」です。
オランダ人の方が考案したもので、なんでも、フランスランド県の松の木を使用し、非常に正確な寸法でできているとのこと。
その厚さ、幅、長さの比は1:3:15で、この寸法はすべてのカプラシリーズで同じなんだそうです。
【参考】wikipediaの関連ページ
【参考】「KAPLA日本総代理店有限会社アイ・ピー・エス」HP

今回のイベントは、このカプラを使って、親子みんなで遊ぼうという趣旨のものでした。
実は、新潟市では食育・花育が盛んですが、今度は「木育」の取り組みも始まっていて、特に江南区からその動きが活発化しつつあります。
私も興味があったので、とても楽しみに参加してきました。

会場では、ボランティアの方々が、大きな作品を作ってくれていました。

 カプラ遊び①

 カプラ遊び②

会場には、フウゼンドームも準備されていて、娘はまずはこちらで一遊び。

 フウセンドーム①

 フウセンドーム②

次いで、いよいよ家族でカプラにチャレンジ。娘も息子も興味しんしん。

 1月27日カプラ遊び③

 1月27日カプラ遊び④

親子協力して、すごい作品を作っちゃいました。

 1月27日カプラ遊び⑤

 1月27日カプラ遊び⑥

たかが積み木とはいえ、されど積み木です。
カプラは、普通の積み木よりも、重さ(意外と軽いのです!)や手触り、崩れたときの音などが、とても特徴的で、印象深いものでした
私や妻も童心に返って、子供達と一緒にはしゃいでくることができました。
こんなこと書いていたら、また、遊びたくなってきました。笑

イベントの最後には、「江南宣隊ユメレンジャー」のショーも。
(酒屋町商工会青年部の方々がボランティアで演じて下さっているローカルヒーローなんです。)

 夢レンジャー

今、売り出し中の新潟市マンガ・アニメのイメージキャラ「花野古町」ちゃんと「笹団五郎」くんも来てました。
実は、子供に大人気。娘も大好き。

 古町・団五郎と娘

このカプラを活用した「木育」。
こども創造センター」のオープンもいよいよ5月に控え、これからの広がりに注目です。
皆様も、機会があったらぜひ一度、手にしてみて下さいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。